SMILE SMILE LIFE

アラフォー夫婦の新たな一歩

里親・養親希望の人たちとの交流

今回の登録前研修の最後は、グループディスカッションでした。

研修冒頭の説明でも、(今後の日程もすべて同じ参加者なので)参加者同士、仲良くなってもらえたら、という話があって。でもその時点では、グループディスカッションや参加者同士の交流の必要性って?って正直感じていて、おそらく夫も同じ気持ちだったと思います。

 でもまあ、実際にグループディスカッションに参加したあとは、180度気持ちが変化しました。

グループディスカッションのお題はフリー。同じテーブルに座った参加者と、乳児院や養護施設の職員と、いろんなお話をした中で、最初は、自分たちが里親・養親を希望する理由とか、どこまで話すべきか迷ったんですが、最終的には、包み隠さず話してましたね。

はじめはわからなかったけど、同じ地域で同じように里親・養親を希望してるもの同士、交流して関係を作っておくことで、自分たちだけじゃないという安心感を得られるし、実際、里親・養親になったとき相談しあったりサポートしあえる関係が築けるかな、と思いました。

民間はどうされてるのかわかりませんが、行政でも割りと手厚い配慮がされてるなと感じた研修1日目でした。

あと、今後地域でも里親制度の説明会もあって、里親さんのお話も聞けるそうなので、予定を空けて行ってこうと思います。

一歩一歩、前進。