SMILE SMILE LIFE

アラフォー夫婦の新たな一歩

登録前研修1日目

里親登録に向けて、今年2クール目の登録前研修が始まりました。

研修は全4回(9月に2回、10月に2回)あり、我が家は特別養子縁組が第1希望ですが、養親も視野に入れてるので、養親の研修も受けることに。

1回でも受けられないと、また次のクールで受講することになり、審査・登録の時期もずれ込んでしまうので、なんとか今期で終わらせたいところです。

これは私の勝手な想像ですが、この手の研修ってすごく厳しいのかな~と思ってました。受講態度もチェックされそう~みたいな。

でも、実際は全然そんなことはなかったです。

アットホームで、安心して受講できました。

 

午前中は講義、午後は施設見学。

研修の内容をSNSなどで公開することや写真撮影は禁止されてたので、内容は伏せて感じたことを書こうと思います。

 

施設見学での代表の方のお話を聞いて、思ってた以上に手厚い保護を受けてるこどもたちの実情を知ることができました。

こどもたちの人数に対して、職員の人数も多くていいと思う。それくらいの人数がいないと、多感な時期のこどもたちのフォローは難しいと思うから。

詳しくは書きませんが、自分もこういう境遇に立ったからこそ知った事実ばかり。なんらか関連性がないと知ることは難しいですよね。

こういう状況だから、施設の子を見る世間の目が、いつまでも変わらないのかもしれません。

 

保護されてる子達にも、人として普通の暮らしをする権利があり、18歳や20歳になるまでしっかり教育を受けて、里親さんのもとで暮らす子は家庭の温かさを知って、社会に出て自立して欲しいです。

 

最初の面談を担当してくださった地区の児童相談所の方が、講義前に挨拶に来てくれて、施設見学後のグループディスカッションでは、乳児院児童養護施設の方々とも直接お話でき、たくさん質問できました。

 

アットホームな研修で、楽しかったです。

あっという間に1日目が終了。残り3回、休まず参加できますように。