SMILE SMILE LIFE

アラフォー夫婦の新たな一歩

決断には時間が必要

同居の両親に養子を迎えたい意向を伝えることができました。

義母とは、これまで何度か話す機会があって、はじめは養子について背中を押してくれるぐらいだったのが、回を経るごとに気持ちが後退していった感じ。やっぱり、一筋縄ではいかない気配が漂ってました。

正式に話をしたとき、義母からは「夫婦二人の人生でもいいんじゃない?」が開口一番でした。あー、そっかぁ。日が経てばたつほど、そうなっていくのかなぁ?

一番の難関と思っていた義父も、最初は同じことを言ってましたが、夫が揺るがず、自分たちの気持ちを伝え続けた結果、なんとか同意を得ることができた。

安心したのもつかの間、日が明けるともう少し考える時間が欲しいと言われました。子どもを迎えたら同居家族になるので、自分たちも血の繋がった孫のように接することができるか?そこがまだ決断しきれないようでした。

とは言え、研修の申込みが迫ってるので、急いで考えてもらうことに。今回の研修を逃すと、次は来年5月。どんどん、私の年齢も上がっていきます。

私の両親は快く同意。娘を全面的に応援してくれてるのだと思います。焦らず、慎重に、時を待ちます。どうか、家族全員の同意を得られますように。