SMILE SMILE LIFE

アラフォー夫婦の新たな一歩

気持ちは変化していく

「養子を迎える方向で検討しよう」

この考えにいたるまで、私自身相当時間を費やしました。けっして思いつきなんかじゃありません。覚悟がないと出せない結論です。

だからこそ、夫に話を持ちかけたって、そう簡単に理解してもらえるはずはありません。それこそ、話し合いの当初、夫は「100%(養子は)ありえない」という考えでしたから。

それが、今でも信じられないけど、3度の話し合いの機会を経て、私たちはその道に進むことになりました。

でも決して、私の考えを押し付けたわけじゃなく。互いの意見・考えを出しきって、理解しあって、検討して・・・その結果が今なんです。

意外だったのは、「もし養子が難しかったら。籍が入れられない里子を養育するのも考えたいね。」と夫が言い出したこと。もちろん、これには私も同意見でした。

緊張と不安でいっぱいでしたが、児童相談所でしっかり制度についての説明を聞いてよかったです。(私よりたくさん質問してました)

私が養子を考え始めた当初は、確かに自分本位の考えだったと思います。

でも、この制度を調べたり、養子を迎えた方々のブログを見てるうちに、児童相談所の方が「里親制度はこどものための制度です。」と言っていたのが理解できるし、私自身も気持ちが変わってきたように感じます。

 ++++++++++

いま、登録前研修の申込欄に義父の名前を書くところで止まってます。その前に、義父に「養子を迎えたい」と話さなくてはなりません。

大事なことなので、一日も早くと思うものの、日々忙しくなかなかみんなの時間を合わせることが難しく、過ぎ行く日々がもどかしく感じます。

ただ、焦らず・急かさずの気持ちでいたい。

義父に話す前に、義母にきちんと話して(既にOKはもらってる)。義母→義父にワンクッション話してもらった上で、私たち→義父に正式に話をしようと計画中です。

どうか、順調に進みますように。