SMILE SMILE LIFE

アラフォー夫婦の新たな一歩

1歳2ヶ月 特別養子縁組成立の申立て

1歳2ヶ月に突入。いよいよ、しっかりと歩くようになりました。先月より明らかに歩くバランスが整ってきてる感じ。なにより、歩くことが楽しい!と言わんばかりに笑顔で積極的に歩いてます。こどもの成長はすごいなぁ。

 

さて、いよいよ家庭裁判所にまめたんの特別養子縁組の申立てをする時期になりました。来月からは、いろいろと仕組みが変わるそうなので、児相も慣れている現行の手順でできるよう今月中に手続する必要がありました。

 

特別養子縁組に必要な書類等

  • 特別養子縁組申立書
  • 養親の戸籍謄本
  • 実父母の戸籍謄本
  • 収入印紙800円分
  • 切手(裁判所からの連絡用)

児童相談所より申立書、実親の戸籍謄本を用意してもらい、自分たちで用意したのは、戸籍謄本、収入印紙、切手(約5千円分)。申立書の記入は、情報共有できるよう夫婦でそろったときに書きました。

用意する切手は、金額と枚数が指定されてるので、事前に裁判所のホームページでチェックしておいた方がいいですね。

www.courts.go.jp

初めて行く家庭裁判所。まめたんとのご縁がなければ、おそらく来ることもありませんでした。そう思うとまめたんには本当にいろんな経験をさせてもらってるなぁと感じます。

ちなみに、受付してくれた方は女性だったのですが、私の勝手な裁判所の固定概念を180度覆す印象(服装、メイク、ネイル)でした。もっと地味でお堅い職員ばかりなイメージを持ってたので、親しみやすくてホッとしたかも。

ちなみに、受付のある階には申立人のための待合室もあり、子連れで行くときは休憩できる場所があってありがたいですね。

さて、受付の方が申立書を確認、受理されました。これから児相と連絡を取り合って、1ヶ月後ぐらいに電話連絡がくるそう。

受理されたら児童相談所へ連絡も忘れずに。(手当が変わるそうです)

さあ、いよいよ養子縁組成立に向け、本格的に動き出しました。成立までは聞き取りや家庭訪問などもあり大変そうですが、家族で励ましあい支えあい、審判が下り確定するその時を、じっくり待ちたいと思います。

育児と仕事

まめたんを委託するまでは、「仕事は辞めて育児に専念したい」という考えで揺るぎませんでした。それが、委託後考えが一変。育児が始まって、理想と現実の違いが明確に理解できたんです。

「まめたんが健やかに成長すること」が第一優先なのはもちろん。乳児のうちは、そばで成長を見守りたい。ただ、母親の収入をなくして1対1の育児を続けて大丈夫だろうか?そのあたりがどうしても自分の中で解決できなかったんです。

夫と話し合って、話し合って、よーく話し合い、結果1歳から保育所に入れる決心をしました。

私は「頑張ってる母親の背中を見せたい」のです。働く背中、趣味を楽しむ背中、母として妻として家事をこなす背中を見せていきたい。そして、養子だから温室育ちさせるのではなく、みんなと同じ環境で揉まれてほしいというのが私たち夫婦の考え。まめたん自身には、同じように働くママを持つ同世代のお友達たちから、たくさん刺激をもらいながら、早くから社会勉強して欲しい。まめたんがゆくゆく、どう思うかはわかりませんが、私たちの思いが伝わると嬉しいです。

仕事と育児の両立、そしてこれまで頑張ってきた趣味とのトリプル両立。夫のサポートも受けながら、楽しんでいこうと思います。

++++++++++

託児所に時折お世話になってますが、持ち物に名前を書くことが、とにかく面倒でたまりません。「おむつにも1枚1枚書くとはー!」と最初はびっくりしましたが、すこしずつ慣れてきました。

早く買えばよかったーーと思ったもの一覧↓

①おむつ用名前スタンプ

専用のスタンプ台も購入。1枚1枚おむつにスタンプ!

 

②名前シール(耐水・レンジOK)

まぐまぐ、弁当箱などに貼っています。

 

③タグ用名前シール(注文中)

着ていく服やお着換え用の服、タオル、スタイなどに使う予定です。

 

自分が子供のころは、母親に書いてもらったのがすごく嬉しかったものですが、今はこういう便利なものがたくさんあってすごい。きっと自分が子供のころこういうものがあったら、絶対やってほしいと思う。イラストつきなんて嬉しすぎる!

祝1歳

息子が、めでたく1歳になりました。

秋の委託から4ヶ月で、ずいぶん背も伸びた。体重も増えた。顔の輪郭も変わったし、表情はうんと豊かになった。この短期間での成長に、日々驚き、感動し、幸せを感じてきた毎日でした。

そして、「なんか、大きくなったなぁ~。」と言うのが、夫婦揃って毎日の日課になってましたね。1日で大きくなるはずないのに、抱っこした瞬間など、ふとしたときに「大きくなった」と感じていたのです。

1歳のバースデーは、家族でささやかなお祝いを。そして、事前撮りしていた記念写真がこの日に納品されました。

特別養子縁組の申し立ては春ごろになるかと思いますが、これからもずっと、息子の成長を見届けられますように。

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

養親の先輩、瑛子えびすこ(@eebisuko)さんのツイッター、いつもいつも、楽しく読ませていただいてます。これから赤ちゃんを迎える私にとって、とても情報満載なのです。

瑛子えびすこさんのツイートで、「ネントレ」なる言葉を知りました。

 

ネントレ=ネンネ トレーニン

ん~、全然知らなかったし、寝かしつけにはとても苦戦してたので、コメント欄でおすすめされてた本を早速注文しました。

 

 

委託予定の赤ちゃんが何度か我が家にお泊りに来たとき、夜泣きがすごくて、夫婦ともに睡眠不足と寝かしつけで汗だくでヘトヘトで。

環境の変化でぐずってしまうのは仕方ない・・・とは思いつつ、ネントレで赤ちゃんが気持ちよくぐっすり眠れるよう誘導ができるならば、ぜひ試してみたいと思いました。

まだ読んでる最中ですが、すごく肩の荷がおりました。悩んでる方は、ぜひ。

追加購入したもの

マッチング中の外出、外泊をやって、必要だったもの、必要になったものを追加購入しました。

 

使用済みオムツを入れる袋。

においが閉じ込められるそうです!

 

デジタル温湿度計。

自分たちは耐えれる暑さでも、赤ちゃんには無理なので、目でわかるよう温湿度計を買いました。

壁に取り付けず、いろんな部屋に移動させながら使ってます。

 

デジタル体温計。

脇に挟む先端が、くねっと曲がるタイプ。

ただでさえ、体温測定を嫌がるので、なんとか好きになってくれるよういろいろ試してます。

食事用のテーブル付きチェア。

ちゃんと椅子に座って食べてくれます。

ちょっと小さいけど、赤ちゃんにはまだまだ大きくて、背中にクッション詰めたり、座面に滑り止めシートを敷かないといけません。(だんだん姿勢が悪くなります)

いろいろ種類はありましたが、やっぱり木製になっちゃいました。

 

一番悩んだけど、1センチ厚大判60センチのジョイントマットにしました。

定期的にマット下も掃除しないといけないらしい。

でも毎日の掃除はしやすいし、水分をこぼしてもサッとふける。便利です。それに冬はあたたかそう。

厚みも1センチで十分でした。

 

あと、今注文中なのが、赤ちゃんとママの快眠本。

ツイッターで紹介されていたものを買いました。

これまでの外出でことごとく睡眠不足でへとへとになったので、早くからネントレしようと思います。

夫婦ともに上手く睡眠をとって、なるべく仕事に支障をきたさないようにしたいです。

 

以上がネット(楽天)購入。

あと細々したものは、西○屋とかでちょこちょこ買いしたり、家のもので代用しました。

もともと物をふやしたくない性分なので、買い物にはかなり慎重です。とはいえ、まだまだ必要なものはいっぱいかもしれませんが、本当に必要!と思った時でも遅くなさそうですね。

 

次の外泊トレーニングまでに、もうちょっと環境を整えたいと思います。

物へのこだわり

委託に向けて面会を進めていく中で、またいろいろと物入りになってきました。

もしものことを考えて、なかなか準備に取り掛かれなかった赤ちゃん用品、「もうここまで来れば大丈夫だろう、えぇい、買ってしまえ!」ということで、ボチボチと手配することにしました。

 

大物としては、チャイルドシート、おふとん、ベビーカー(バギー)という感じ。(その他のこまごまとしたものは、外出時に持たせてくれるので、委託前で大丈夫そう。)

 

ベビーカーは、いろいろ考えて後回しにしました。なので今回は、チャイルドシートとお布団を購入。

チャイルドシートのこだわりは、日本製でシンプルな点。

 

 

 もっと高機能でお値段が張るものは沢山あったのですが、見れば見るほど何がいいのかわからなくなり(バギーの時と一緒)、最低限の機能と安全性があって見た目がいいものに。

今後成長にあわせ買い換えるので、これくらい手軽でもいいかもしれません。実際使用してみましたが、装着しやすく安全性も申し分なかったので安心しましたー。

 

そしてベビー用ふとんは、綿ふとんにしました。

普通にベビー用の布団セットを探すと、敷き布団がウレタンのものばかり(汗を吸わないそう)。逆に、綿布団を探すのが大変でした。

 

 

赤ちゃんは沢山汗をかくので、綿がいいよと勧められていたので、そこは全く迷いなく。パシーマのケットとパットも一緒に買いました。

とてもお値打ちなセットでしたが、今のところ使用感は良いです。夏用の掛け布団がセットになってるので、冬前に冬用の掛け布団を追加購入します。

 

赤ちゃんだからと、なにかとこだわってあれこれ揃えてしまいそうで、自分を制御するのが大変。今も、思わず買いたい衝動を抑えつつ、しっかり吟味して「本当に必要か」を判断するようにしています。

今回揃えたものも、いずれ使えなくはなります。その時は、必要な人に譲るなり、物を回す手段をとっていくつもりです。

そういう意味では、若い頃より考え方が落ち着いてる今の方が、自分としては物に対して正しい判断ができるのかもしれません。

これからもこだわりすぎず、自分に必要なものだけ選択していこうと思います。

 

該当の赤ちゃんには、できることなら毎日でも通いたいところですが、仕事や既に決まっていた都合の合間にだけ会いに行ってます。会えば会うほど、委託の日が待ち遠しくなりますね。どうか順調に進みますように。

準備いろいろ

ありがたいことに、面会が始まりました。

なにしろ子育て初心者な私たち。職員さんたちに助けられながら、ミルクをあげたり、おむつ交換したり、遊んだり(あそんでもらったり?)、を繰り返す日々です。

会う回数を重ねるうちに、少しずつ顔を覚えてくれてるのかなぁ?と感じるようになりました。

ただ、仕事の兼ね合いで毎日会いに行くことは難しく、次の面会まで日が開いてしまうのがとても残念。会える日は1日かけて行ったりして、とにかく一緒にいる時間を増やす工夫をしています。

今後の予定も考えて、最低限必要と思うものを揃え始めています。

チャイルドシート、抱っこひも、ベビーふとん、ガーゼハンカチ・・・他にもいろいろありますが(哺乳瓶、ミルク、おむつ等)すぐ手に入るものは、本当に必要になったときに買おうかと。

 

 

あと、ずっと悩んでるのがジョイントマット。厚みが20ミリか10ミリか、どちらがいいか悩んでなかなか買えません。大判サイズ、木目調のものにはしたい。

 

もうひとつは、ベビーゲート。先住猫がいるので、猫まで通せんぼしちゃうとストレスになってしまう。猫は通り抜けられて赤ちゃんは通せんぼできるゲートを探してます。複数個欲しいので、安価で手に入れば有り難いのですが。

 

 

ここ何年かで断捨離をしてきたせいか、モノが増えることにいささか抵抗があるのですが、子どものためならガマンもできます。でも、なるべく無駄買いはしないよう、必要なものだけ揃えていきたいです。